あそ大王ファームの特徴

あそ大王ファーム株式会社は、阿蘇山麓の豊かな自然のもと最高品質の天草大王を育てています。あそ大王ファーム株式会社は、阿蘇山麓の豊かな自然のもと最高品質の天草大王を育てています。

あそ大王ファームのご紹介

あそ大王ファーム株式会社は、待望の復元を遂げた熊本の幻の地鶏「天草大王」を専門に取り扱う会社で、飼育から加工・販売まで一貫した体制のもと、品質とおいしさ、安全・安心にこだわった天草大王を全国の皆さまにお届けしています。

天草大王イメージ

当社の天草大王は、阿蘇の自然豊かな環境のもとでこだわりのオリジナル飼料とミネラルをたっぴり含んだ阿蘇の伏流水によってのびのびと育てられており、その肉質の良さとおいしさが特徴です。

天草大王の最大の敵はストレスですが、当社の天草大王は「1平方メートルあたり7羽以下」という、地鶏の生産基準である「10羽以下」よりも更にゆとりあるスペースで育てられており、大自然の雄大な環境と相まってストレスなく健康的に飼育されています。

飼育期間の長さも特徴的で、ブロイラーが50〜60日、地鶏が通常100日程度という飼育期間が多い中、あそ大王ファームの天草大王は脂が乗る頃の120日間にわたり、じっくりと大事に育てています。

また、飼育から処理・加工・販売に至るまで全て自社にて行っており、通常カット以外にもお客様からの様々なご要望に柔軟かつスピーディーにお応えできる環境を整えていますので、単においしさや品質の良さだけでなく、お取引きにおける利便性の面でもお客様から大変ご満足を頂いております。

非常に希少性の高い地鶏「天草大王」の素晴らしさをより多くの皆さまにお楽しみ頂き、そのおいしさをご体感頂く為に、「おいしさ」「品質」にこだわって「安全・安心」な天草大王をお届け致します。

「天草大王をもっと詳しく知りたい」「お店のメニューに取り入れたい」「一度食べてみたい」「納品時のカット方法を相談したい」などご希望やご不明な点などございましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。

飼育から処理・加工までの一貫体制でお届けするこだわりの天草大王

飼育から処理・加工・販売まで一貫した自社体制で、安心・安全で高品質なおいしい天草大王をお届けします。

  • 天草大王イメージ
  • あそ大王ファームイメージ
  • あそ大王ファームイメージ
  • 天草大王イメージ
  1. 孵化場

    最新設備と厳格な衛生管理のもと、孵化(ふ化)するまで一定の温度・湿度で温め、21日目にヒヨコが誕生します。
    孵化した優良なヒナを仕入れます。

  2. 養鶏農場

    阿蘇の雄大な自然環境のもと、鶏たちが適度に運動でき、ストレスの少ないように1平方メートルあたり7羽以下のゆとりあるスペースで120日間にわたりじっくりと大事に育てられます。

  3. 処理場

    処理場ではお客様からの様々なニーズに合わせてカットし、新鮮さと味わいを閉じ込めるため瞬間冷凍しています。
    また、食の安全性を考慮し徹底した衛生管理を心がけています。

  4. 出荷

    安心・安全な最高品質のおいしい天草大王をお届けします。

ファーム長が語る「あそ大王ファームの天草大王」の魅力

あそ大王ファーム株式会社 取締役ファーム長 五嶋 一拓

肉質や味の素晴らしさと希少性に惹かれ、天草大王の生産を始めたのは10年ほど前です。
「天草」と名前にありますが、実は阿蘇の大自然も天草大王の生育に適した地域です。

ミネラルたっぷりの阿蘇の伏流水が豊富で、夏も涼しいので鶏たちの食欲も落ちません。その分、寒くなる冬は24時間体制で温度・湿度を管理しています。

体が大きい上に臆病な面もある天草大王の最大の敵は「ストレス」です。地鶏肉の特定JAS認証では「1平方メートルに10羽以下」とされていますが、それより少ない7羽以下で飼育。広い鶏舎で、ストレスレスな環境にこだわっています。

また、しなやかな肉質のために、エサはカロリーと栄養バランスを徹底管理しています。当社は無農薬米の栽培を行っており、その玄米を飼料に混ぜています。籾殻も同じ無農薬米のもの。鶏糞は田の肥料に、採れた米をまた鶏に・・・と、里山ならではの豊かさを活かした安全・安心・おいしい飼育を実践しています。

  • 天草大王イメージ
  • 天草大王イメージ
  • 天草大王イメージ